日本を代表する日本絵師の作品や琳派を中心とした美術作品とのコラボレーション

葛飾北斎 1760年から1849年

江戸時代後期の浮世絵師で化政文化を代表する一人であり世界的にも著名な画家。

葛飾北斎「富嶽三十六景」ポケフラット

葛飾北斎「富嶽三十六景」ポケフラット

 商品ページに進む
葛飾北斎の作品

伊藤若冲 1716年から1800年

江戸時代中期に京都で活躍した絵師で写実と想像を巧みに融合させた奇跡の画家。

伊藤若冲の作品

伊藤若冲「鶏図」ポケフラット

伊藤若冲「鶏図」ポケフラット

 商品ページに進む

酒井抱一 1761年から1829年

尾形光琳に私淑し、琳派の雅な画風を、
俳味を取り入れた詩情ある洒脱な画風に翻案し、江戸琳派の祖となる。

酒井抱一「白蓮図」ポケフラット
酒井抱一の作品

鈴木其一 1796年から1858年

江戸時代後期に活躍した江戸琳派の祖・酒井抱一の弟子。
近代日本画の先駆的な絵師。

鈴木其一「月に葛図」ポケフラット
鈴木其一の作品